toggle
2019-10-02

細胞

人間のからだは細胞の集まり。

たくさんの細胞がくっついてできているのがわたしたちのからだ。

わたしを長い間苦しめ続けた肌も、分解すれば細胞だ。肌はからだ全体を覆っているから分量が多くて、最大の臓器ともいわれる。

肌を健康にしたかったら、細胞を健康にすること。そして、細胞を元気にしたかったら、良い血液をつくること。その材料としてとても大事なのがたんぱく質。

からだをギュッとしぼって水分を出すと、あとに残るものの6〜7割はたんぱく質だそう。それくらい、わたしたちのからだはたんぱく質に頼っている。筋肉だけじゃない。髪も骨も内臓も肌も、たんぱく質がなければつくれない。もちろん、そのほかにも脂質やビタミン、ミネラルなどの微量栄養素も必要だけれど、とにかくないと困るのがたんぱく質。

良いたんぱく質をからだに入れて、良い血液、良い細胞をつくることが、強くきれいな肌をつくるために何よりも大事なことだと、わたしは思う。

時間は少しかかるけれど、それが、着実にかゆみや赤みとさよならする一番の方法だと、わたしは信じている。

 

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です