toggle
2019-03-20

アトピーをつくったわたしの食生活

アトピーを発症する前、わたしがどんな食生活をしていたかを思い出すと、ちょっとゾッとします。

「こんなふうだったら、そりゃアトピーにもなるでしょう」というようなものだからです。

朝は、大慌てで家を出るので、ほぼ食べない。

お昼は、外出先や会社近くのお店で食べるか、会社の近くのコンビニエンスストアで買ってきたもの。コンビニごはんの中身はというと、サンドイッチ、おにぎり、お店の人がレンジであたためてくれるパスタや丼もの、あるいはカップラーメンや、スープ春雨。そこに、フルーツ入りヨーグルトやプリン、あるいは大好きなシュークリームやアイスクリームなどをデザートに。

夜は、だいたい遅くまで会社にいたので、食べずに仕事を終えてから、深夜に近くのお店で飲み物とおつまみ程度のもので済ませるか、またまたコンビニで買ってきたものか、すぐそばの焼き鳥屋さんから出前してもらう、おにぎりとお漬物と焼き鳥のセット(笑)。そして友達と約束のある日は外食、という感じでしたので、家でごはんとお味噌汁、という夕食を食べることがほんとうに少なかったように思います。そして夕食をとる時間も惜しいようなときには、チョコレート菓子など、パッと口に入れられるもので空腹をまぎらわす、ということもしていました。

コンビニエンスストアにはいまでもお世話になりますし、すべてが体に悪いものではもちろんないですが、やはり家で作ったごはんには入れない保存料、着色料などの添加物が入っていることは確かです。そしてそれらは、からだやこころを健やかに保つ材料にはなりません。

わたしのからだには、良いからだの材料としては使えない、よぶんなものばかりがたまっていき、不可欠な栄養素がまるで足りていなかった……。おなかはいっぱいでも、わたしのからだは、いつも”飢えて”いたと思います。

でもそういった自覚はまったくなく、がんばって仕事をしているということで自分を納得させ、からだやこころの不調の声が聞こえてきても耳を塞いで、ひたすらそんな生活を続けてしまったのです。

その結果の、突然のアトピー発症……。

いまのわたしが、もしもあのころのわたしと話せるとしたら、なんて言うかなあ……。

「せめて週に二日は早く家に帰って、簡単でいいから野菜のおかずとごはんとお味噌汁をつくって食べて、ゆっくりお風呂に入って、リラックスした気持ちでお布団に入り、朝までぐっすり眠りなさい。

できれば、おにぎりだけでもいいから家からランチを持っていって、からだに入る添加物の量を減らすこと。そして、お砂糖の摂りすぎだから気をつけること。あなたのからだはぜんぶ、あなたが食べるものでできているんだよ……」

冷静に考えると、食べもの以外でからだをつくってくれるものは何もないのですよね。自分の口から入れたものが、そのまま自分のからだをつくっているし、たべもの、つまり栄養が、こころの動きにも深くかかわっていることがいまではいろいろな研究で明らかになっています。

わたしは、きっと、自分のしていることがからだに負担をかけていることを、なんとなくの不調をとおして薄々わかっていたのだと思います。でも、わたしの甘さと油断が、危機感を持たせず、自分を”自覚”から遠ざけ、その生活を変えるという決断に至らせなかった……。

仕事とプライベート、楽しいけれどどちらもストレスが多く、毎日すべきことをこなすのに精一杯。若いから無理もきいてしまい、まさか自分の身におそろしいアトピーが忍び寄っているなどと想像することもありませんでした。

崖から落ちてはじめて、わたしは自分が崖っぷちを歩いていたことを知ったのです。自分のからだは、いつもここにあったのに、そのからだをよく見てあげることができなかった。いくら自分のこととはいえ、ほんとうにひどいことをしてしまったと思います。

Photography by Melina Hammer

Pocket
LINEで送る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です